2019.12.10

ミシュラン、ウェットブレーキング性能と快適性を向上した低燃費タイヤ「MICHELIN ENERGY SAVER 4」発売

 日本ミシュランタイヤは、ミシュラン エナジーシリーズから、ウェットブレーキング性能と快適性を向上させた低燃費タイヤ「MICHELIN ENERGY SAVER 4(ミシュラン エナジー セイバー フォー)」を2020年2月1日より発売する。サイズは13インチ~16インチの計23サイズ、オープン価格。

 「MICHELIN ENERGY SAVER 4」は、新縦溝構造、新採用アンダートレッドラバー、新配合コンパウンドなどにより安全性、経済性、居住性を高い次元で両立し、快適なドライビング環境を提供する低燃費タイヤだ。「MICHELIN ENERGY SAVER+(エナジー セイバー プラス)」の後継製品となる。従来品「MICHELIN ENERGY SAVER+」と比較して雨天時のブレーキ性能が5.5%向上し、ラベリング制度では転がり抵抗性能AA~A、ウェットグリップ性能b~cを実現している。

 安全性、快適性、省燃費性能、性能を持続させるための耐久性など、すべての性能を追求。どの性能も水準以上のパフォーマンスを備え、それぞれが調和している「ミシュラン・トータル・パフォーマンス」を目指し、開発された低燃費タイヤとなる。

・新品時のウェットブレーキング性能

 MICHELIN ENERGY SAVER+と比較してパターンノイズは5%、ロードノイズは9%向上。

・新縦溝構造

 縦溝幅の最適化により、パターンノイズを低減。

・新採用アンダートレッドラバー

 新たなアンダートレッドラバーにより、ロードノイズ低減と低転がり抵抗を両立している。

・新開発コンパウンド

 高次元のバランスで、低燃費性能とウェットブレーキング性能の両立を実現している。

 

関連リンク

 前の記事へ 次の記事へ 

ニュース 新着記事

ニュース 記事一覧に戻る
timy(タイミー)